イチロー名言.com

イチローの歴史を名言とともに、振り返りながら紹介しています。イチローの名言はすばらしいです。一度だけでもご覧ください。私が好きな名言の一つを紹介します。

イチローは、メジャー年間最多安打記録を更新した後、こう言った。

『あこがれを持ちすぎて、自分の可能性をつぶしてしまう人はたくさんいます。自分の持っている能力を活かすことができれば、可能性が広がると思います』

『ちいさいことをかさねることが、とんでもないところに行くただひとつの道』

当サイトが皆様のお役に立てれば幸いです。リンクフリーですのでどんどんリンクしてください。また相互リンクも同時に募集しておりますのでご連絡ください。
お問い合わせはこちら>>

イチローUSA語録

大リーグでみごと首位打者・盗塁王に輝いたイチロー。その初めての年にアメリカで語られた言葉を、アメリカ人作家がシーズン当初から、丹念に拾い集めたもの。シーズン全記録付き。

「小学生時代の時代を一言でいうと?」という質問に対して、「典型的なワンパクでしたね」とイチローは答えています。ちなみに小学生2年の時はスカートめくりに没頭したらしいです。 彼の走塁技術はこの時鍛えられたのでしょうか?(爆) イチロー プロ入り前>>

オリックス時代の記者インタビューで、イチローは「プロフェッショナルの定義」についてこう答えています。 名言:『どんなに難しいプレーも、当然にやってのける。 これがプロであり、僕はそれにともなう努力を 人に見せるつもりはありません。イチローオリックス時代>>

マリナーズ入団会見で、イチローが語ったコメントで次のようなものがあります。『だれよりも自分が(自分の活躍に)期待しています。自信がなければこの場にいません。プレッシャーがかかる選手であることが誇りです。マリナーズ時代(2001~2003年>>

200本安打を達成したとき、イチローは257本の大リーグ記録について聞かれ、こう答えています。『現時点ではまったく考えられないことです。 その目標は、まだ遠すぎます。
シアトルマリナーズ時代(2004~2006年)>>

イチローは、5/31に行われたテキサス レンジャーズ戦で自己記録を更新する24試合連続ヒットを記録した。『他人の記録を塗り替えるのは7割、8割の力でも可能だが、自分の記録を塗り替えるには10以上の力が必要だシアトルマリナーズ時代(2007年~)>>

イチローの野球史

おまけ

掲示板