イチロー名言.com

TOPページ >イチロー プロ入り前

イチローUSA語録

大リーグでみごと首位打者・盗塁王に輝いたイチロー。その初めての年にアメリカで語られた言葉を、アメリカ人作家がシーズン当初から、丹念に拾い集めたもの。シーズン全記録付き。

イチロー プロ入り前

1973年・・10月22日愛知県西春日井郡豊山町で生まれる

イチローは、1973年10月22日愛知県西春日井郡豊山町で生まれました。生まれた時の体重は4280グラムで、かなり大きな赤ちゃんでした。

野球をはじめたのは3歳くらいからで、イチローのお父さんである鈴木宣之さんがおもちゃがわりに買い与えたバットとボールを外に出る時は必ず持っていったそうです。

このときからイチローは野球が好きだったんですね~。

▲サイトトップへ戻る

1980年・・豊山町立豊山小学校に入学

1980年イチローは地元の学校である、豊山町立豊山小学校に入学します。

「小学生時代の時代を一言でいうと?」という質問に対して、「典型的なワンパクでしたね」とイチローは答えています。ちなみに小学生2年の時はスカートめくりに没頭したらしいです。

彼の走塁技術はこの時鍛えられたのでしょうか?(爆)

イチローの小学生時代といえば、イチローが小学6年生の時に書いた作文があまりにも有名です。その作文を紹介しましょう。

「僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。そのためには、中学、高校と全国大会にでて活躍しなければなりません。

活躍できるようになるためには練習が必要です。僕は3才の時から練習を始めています。3才から7才までは半年くらいやっていましたが、3年生の時から今までは、365日中360日は、激しい練習をしています。だから1週間中で友達と遊べる時間は5~6時間です。そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になれると思います。

そして中学、高校と活躍して高校を卒業してからプロ野球選手になれると思います。そしてその球団は、中日ドラゴンズか、西部ライオンズです。ドラフト入団で、契約金は、1億円以上が目標です。

僕が自信のあるのが投手か打撃です。去年の夏、僕たちは全国大会にいきました。そして、ほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバーワン選手と確信でき、打撃では県大会4試合のうちホームランを3本打ちました。そして、全体を通した打率は、5割8分3厘でした。このように自分でも納得のいく成績でした。そして僕たちは1年間負け知らずで野球ができました。

だから、この調子でこれからも頑張ります。そして、僕が一流選手になって試合に出られるようになったら、お世話になった人に招待状を配って応援してもらうのも夢の一つです。

とにかく一番大きな夢はプロ野球選手になることです。」

▲サイトトップへ戻る

1982~1989年・・バーティングセンター通い

イチローは小学3年生から1年365日中360日は野球の練習に明け暮れたそうです。近所の公園(伊勢山グラウンド)の練習だけでは飽き足らず、「空港バッティングセンター」でのトレーニングも開始します。

ピッチングマシーンの球速に満足できず、時速140㌔が出るよう改造してもらったという話は有名ですよね。

イチローの小学生時代の練習を支えたのは間違いなくイチローのお父さんでしょう(通称チチロー)。イチローのお父さんはイチローの小学生時代を振り返ってこんな発言をしています。

「うちは愛知県の豊山というところで小さな工場を経営していました。妻や5、6人のパートさんたちも手伝ってくれていましたから、私が数時間抜けてもどうにか運営はしていける。

『じゃあお父さんが6年生-までの4年間、
毎日3時半からイチローの相手をしよう。
毎日だぞ。約束を守れるか』と。

そこでも私自身ものすごい決断をしたわけです。それからというものイチローは毎日3時半になると、工場の前に現れました。たとえそれまで友達と遊んでいても、時間になるとそれを切り上げて工場の前に立っているんです。それから2人で近所のグランドに行って、辺りが暗くなるまでボールを追い続ける。

イチローの活躍の陰にはこういうお父さんの支えがあったんですね。

▲サイトトップへ戻る

1985年・・豊山町立豊山中学校に入学

1985年、イチローはスポーツ校として部活動が盛んな豊山町立豊山中学校に入学します。当然野球部に入り、朝は7時から早朝練習、夜は6時半まで部活動に専念し、その後「空港バッティングセンター」で200球以上の打ち込みを毎日欠かさずこなしたといいます。

イチローは雑誌のインタビューで、中学生時代を振り返りこんな発言をしています。

『小学校ではあまり勉強しなかったんですけど、中学になって、 それじゃマズイって、一生懸命勉強したんです。

テストの点は取れました。実際、自分ができる限りの勉強はしました。 でも1番にはなれなかったですよ。

学年で7番とか8番にはなれても、決して1番にはなれなかった。それで勉強あきらめたんですよ、僕』

▲サイトトップへ戻る

1989年・・愛知工業大学名電高校に入学

1989年イチローは野球の名門、愛知工業大学名電高校(愛工大名電)に入学し、3年間の寮生活を送ることになります。

寮生活がはじまって1ヶ月たったある日、久しぶりに家に帰ったイチローはこう漏らしました。

『お父さん、僕、野球やめようかなぁ』

それに対して、イチローのお父さんは静かな口調でこう答えたそうです。

『一郎、今日まで自分がやってきたことがなんだったのか、 よく考えなさい。

いま野球をやめて、それでも後悔しないと思えるのなら、 お父さんはそれでいい。

ただ、何ごとも”後悔先に立たず”だよ』

この言葉を聞いてイチローは翌日元気に寮に戻っていったそうです・・・。あのイチローが弱音を吐いていたことにびっくりですが、お父さんの的確な返しにも驚きました。全国のお父さん、このセリフは暗記しておきましょう(笑)

▲サイトトップへ戻る

1990年・・全国高等学校野球選手権大会に左翼手として出場。

野球部の高校生の夢といえば、「甲子園」でしょう。イチローも甲子園に出場したいという気持ちは人一倍強かったようで、高校時代を振り返ってこんな発言をしています。

『僕は小さいときから、いつも周囲の「できないだろう」という声に反発してやってきた。

全員で甲子園に行こうと言った以上、どうしても、それをやり遂げたかった。

もう必死でしたから。

優勝こそなりませんでしたが、イチローは、高校2年生の時(1990年)に、夏の甲子園に外野手として出場し見事目標を達成しています。(初戦で天理に敗退)。

▲サイトトップへ戻る